新刊書 「創薬が危ない」講談社ブルーバックス 水島 徹 著 
AASJホームページ > 新着情報 > おすすめ書籍

 新刊書 「創薬が危ない」講談社ブルーバックス 水島 徹 著 

2015年6月2日

「創薬が危ない」 水島 徹 著

   http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062579032

 

些か過激なタイトルであるが、著者の多彩且つ華麗な創薬科学界におけるキャリヤ(東大薬卒旧山之内製薬研究員、九大と岡大を経て熊大薬教授の後、現在慶応大薬教授とLLTバイオファーマ㈱会長とを併任)に基づいての創薬の意義、推進過程、問題点など現状を、自身の経験を交えて具体的且つわかり易く書かれている。一般的な医薬品の研究開発の方法や評価法については多数の専門書として、また代表的な日本発の医薬品では当事者等によりそれぞれのR&Dの逸話が論文や成書になっているが、門外の者にとっては、何れも真面目過ぎて難解で面白くない。その点本書は、手軽な創薬入門の教科書としてもよく出来ている。

ただ、現在の創薬活動停滞の打開策として、既承認薬についての、最新の研究手法を用いるとしても、適用拡大の延長(「ドラッグ・リポジショニング」と言っている)に拠っているのは、本書のタイトルからイノベーティブな手法によるアンメット・ニーズを満たす革新的医薬品の創出方法を期待すると少しガッカリかも知れない。

しかし、著者も指摘するようにドラッグ・リポジショニングによる創薬は、先人の功績を生かして、有効性や安全性の評価が速やかにでき、早期且つ安価に患者への投与が可能となるので、これぞ小児期に発症し進行性で、日々症状の悪化と先の不安に慄くにも拘らず治療法や薬物が無い、多くの遺伝性稀少難病の治療薬の創出にこそ活用されるべきである。

今春発足した日本医療研究開発機構(AMED)には大いに期待するし、その支援の最重点対象テーマとして、本手法による稀少難病治療薬の創出を優先的、速やかに取り上げて欲しい。   (田中邦大)

カテゴリ:おすすめ書籍新着情報

東洋経済社Think 夏期号が出版されました。

2014年7月17日
74頁ー81頁に「科学的Thinking生物学的Thinking」と言う原稿を寄稿した東洋経済社Think 夏期号が発売されました。小保方さんの問題を入り口として、科学とは何か、生物学とは何かを考えています。是非お読みください。 think
カテゴリ:おすすめ書籍

「未完の自然」翻訳完成

2013年12月8日

1年以上取り組んで来た「未完の自然」の翻訳を一応終え、出版社に渡しました。英語も機知に富む読みにくい英語で、しかも量は翻訳後気がつくと原稿用紙で1500枚近くに及ぶ大変な作業でした。しかし前にも紹介したようにすばらしい思想だと思います。完成できて良かったと思います。AASJの藤本さん達にも読んでいただき感謝です。これから校正など更に大変ですが、ようやく他の仕事にも掛かれそうです。「21世紀ゲノム文明」執筆、「カントの生物学」の翻訳とともに、最近調べ始めている進化研究の今についても執筆します。

カテゴリ:おすすめ書籍

新刊書 

2013年9月9日

「コンプライアンスが日本を潰す-新自由主義との攻防-」 扶桑社新書 藤井 聡 著

(http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BD%B0%E3%81%99-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E8%81%A1/dp/toc/459406616X)

 TPPの交渉参加となった途端に、アメリカから年内妥結を強要されるなど前途多難の中、協議対象には健康保険制度や薬価制度などが含まれると聞きます。難病患者も直接もしくは間接的に大きくこれらの制度に支えられており、成り行きに強い関心を持ちます。

 しかし、現在のところ、政治・経済の評論家諸氏もまだ様子見なのか、TPPに関する書き下ろしの新刊書は店頭では見当たりません。本書は、わが国のTPP協定加盟に反対の立場から書かれていて、戦後の日米の政治・経済史を概観し、コンプライアンス、独占禁止、新自由主義等の美辞の下に信奉者を育てて、米国の国益に合致させるためだけの要求に合わせるために、文化・風習・伝統などで日本人が築き上げてきた商道徳や習慣を抹殺し違法化させてきた戦後の流れを、建設業界の談合、タクシー規制緩和など経済事件を例に理路整然と解き明かした上で、わが国のTPP加盟への警鐘を説いています。なお、筆者は土木工学の出身で、現在も京都大学教授でレジリエント研究ユニット長であり、第二次阿部内閣・内閣官房参与(国土強靭化計画他担当)にあります。

 医療費や薬価などの日米比較からも明らかなように、私達は世界一恵まれた医療や健康保険制度を持っており、特に稀少難病患者もこれら制度の恩恵をフル享受しています。TPP加盟交渉の過程で、外圧によって我々の優れた制度が減損されることのないように、内外の現状を学んで将来を考え、結束し、発言していくことも大切と思います。  (田中邦大)

カテゴリ:おすすめ書籍

新刊書

2013年8月16日

「ジェネンテック 遺伝子工学企業の先駆者」一灯舎 サリー・スミス・ヒューズ 著 千葉 啓恵 訳

   http://www.ittosha.co.jp/newtitle/isbn978-4-903532-95-0/

 

バイオベンチャーの先駆けであるジェネンテック社が1976年の設立直前から5年余りの創業時に同時並行的に直面した多面的闘争を、分り易く記した力作である。

 

事業化を左右するクローニングすべきタンパクの選択や菌体中での組み替えヒト遺伝子の発現可否など未知の技術的基本課題に加えて、無経験の知的財産、技術導入契約、会社設立など法律問題の解決、多彩な戦術や話術を駆使しての事業資金の調達、大学での研究活動と企業での事業化活動との並存の倫理的課題や教授としての利益相反の問題、出始めた遺伝子操作に関する社会倫理問題とアシロマ会議やNIHガイドラインへの対応、組み換えタンパクの臨床試験と製造承認、IPOに関わる問題など次々と生じる世界初の体験の無理難題を、創立者のスワンソン氏とボイヤー教授の実質二人で全て解決して同社をまず順調に船出させた。

現在ではヒト抗体の異種宿主での発現など技術面の解決のみならず、生物関連特許の範囲や有効性も確立されて、抗体の基本技術が研究段階で数百億円で海外に技術導出される程の安定・安心の技術分野になったのは、同社や競合他社との過激な争いと協議、各国の特許庁と各地の裁判所での過酷な審理、これらを契機に発効した各種国際条約等の賜物である。同社発足時の未知で混沌とした複雑な過程を当事者の話を交え、時系列的にまとめて、臨場感一杯十分に理解させられたのは著者の非凡な才能であろう。学術文献のみならず事件や話の根拠の引用例は750件に及び、検証の正確さと緻密さを窺い知れる。訳についても、技術用語に加え知財、法務、経営などの業界用語もよく練られており、難解な話題の連続とはいえスムースに読破できた。

 

同社の設立から2年遅れで参入した製薬企業で、研究所から転籍直後の特許部員としてこの戦場の矢面に立たされた。同社の10人足らずの研究員に対して、当初から10倍以上の発酵、ウイルス、抗体、蛋白精製など生化学、ペプチドと核酸化学分野の超一流の研究員を投入し、さらにサイトカインの研究では世界随一の京大医化学研究室との密接な関係を持ちながら(平成24年4月24日の中西重忠名誉教授の講話=先端医療振興財団Monthly Lecture=)、タンパク遺伝子のクローニング競争に次々と敗れたが、着手の遅れとは異なる本当の敗北理由を読後に悟れた。また、ロボットとコンピュータを多用する現在の巨大創薬研究手段による成果獲得へのヒントも本書に内在するように思う。   (田中邦大)

カテゴリ:おすすめ書籍

出版済み、現在執筆、翻訳中の図書

2013年8月3日

 

 

 

 

お勧めの本

既に出版

1。幹細胞Wars 一灯舎 シンシアフォックス著 西川鑑訳

2、生物のなかの時間 PHP出版 西川他2名著

3、「山中iPSノーベル賞受賞論文を読もう」一灯舎  西川企画

幹細胞ワーズyamanaka

 

執筆、翻訳中

1) 21世紀ゲノム文明(執筆中 完成度10%) 説明 今も昔も、私たちは物理的に現存しているものと、今ここには現存していない何かの間で生きて来ました。例えば、時計は物理的存在ですが、その時を表示すると言う目的は、物理的実在ではありません。このような例は目的にとどまらず、意図、デザイン、計画などなど、物理的実体でなくても私たちがそれなしで生きていけないものが生命にはあります。また、科学者として生きて来たわたしも、実在する存在と、実在しないが重要なこと(例えば目的)の間を普通に行き来しながら生活しています。しかし、一旦科学者に立ち戻ると、世界は物理的実在として把握されるべきだと主張しています。とは言え、物理学的な非実在部分と物理的実在部分の関係性を明らかにせず、生物の理解出来ないと思います。これがこの本で考えていきたい問題です。私の独断的歴史観を紹介しましょう。16世紀以前、この実在しない部分は全て神と言う言葉で表現され、物理的実在と渾然一体となっていました。しかし17世紀近代がはじまると、この神は物理学的な実在から切り離されます。18世紀、切り離された神が消失してしまいこの世紀は分裂の世紀となりました。しかし19世紀、ダーウィンが、進化論を著しこの実在しない部分を科学的に説明するアイデアを示し、18世紀に消失した神の関わる領域の一部の新たな実体化がはじまります。そして、実在ではないが実在に影響する「情報」の理論が示された20世紀を経て、神の領域の少なくとも一部の実体が情報として置き換えられた21世紀を迎えたと思っています。   この本では、この歴史を概観し、「神から情報」への転換を経た21世紀の最初にヒトゲノム解読が誇らしげに発表された意義を考えてみる。その上で、21世紀とはどんな世紀かについて書いています。

2) 翻訳 「未完の自然」Terrence Deacon (完成度70%)
     解説 巨人と言うのはいつの時代にもいます。それはノーベル賞を取ったとか、メディアで有名になっていると言う事とは全く別物です。私は21世紀の巨人の一人がこのTerrence Deaconだと思っています。この本は、21世紀の科学・哲学の根本課題を明確に提示し、彼なりの回答を行おうと努力している本です。初めて読んだ時、カントの批判シリーズと同じように、長く読み継がれる本であると確信しました。個人的意見ですが、ヘーゲルの自然哲学などより遥かに前向きな本です。勿論興味がある人は英語で勝手読めば良いのかもしれません。しかし、英語が難解で、是非読んでいただきたい若い人達に敬遠されてしまうのではと感じ、自分で訳す事にしました。膨大な本ですが、巨大な思想です。是非期待して翻訳の終了をお待ちください。

3)翻訳 「カントが考えた生物」(完成度0%)</p>

カテゴリ:おすすめ書籍
2017年7月
« 6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31