AASJホームページ > 新着情報 > 論文ウォッチ > 4月23日:新しい膵島移植プロトコル(Nature Biotechnologyオンライン版掲載論文)

4月23日:新しい膵島移植プロトコル(Nature Biotechnologyオンライン版掲載論文)

2015年4月23日

ついこの前、2歳の1型糖尿病のお子さんを持つお母さんから、本当にこの病気は根治するのか?いつになったら治るのか?を問う投稿があった。これまで論文を読んでいてこの分野の進展は著しい印象を持っており、安全な膵島移植や、あるいは全く膵臓と同じ人工膵臓が完成するまで10年はかからないだろうと思っている。正直な気持ちとして、コストを気にしない場合は5年で多くの技術に見通しがつくのではと答えたが、「期待しすぎてはいけないでしょうね」と言われてしまった。(投稿と返事についてはhttp://aasj.jp/news/watch/2283 参照)。とはいえ、今日紹介するカナダ・Alberta大学からの論文もこの分野の力強い進展を示すものでNature Biotechnologyオンライン版に掲載された。タイトルは「A prevascularized subcutaneous device-less site for islet and cellular transplantation (あらかじめ血管網を形成させた皮下組織は膵島や移植細胞を支える組織になる)」だ。Alberta大学というと門脈を通して膵島を肝臓に移植する方法を開発した大学だ。この本家本元が、門脈から投与するエドモントンプロトコルには限界があると考えていたのだろう。もっと簡単で機動性の高い移植方法の開発を続けていたようだ。例えば将来は多能性幹細胞由来の膵島が利用されると考えられるが、未熟な細胞が残りテラトーマや他の腫瘍が発生するリスクを完全に排除することはできない。この場合、もし移植場所が皮下であれば、何か起こった時の対処がしやすい。ただ動物モデルで膵島を皮下に注射しても、細胞は全く生着しない。代わりに体内に留置可能なデバイスやマイクロカプセルに膵島を封入して患者さんに戻す方法の開発が進んでおり、かなり期待が持てる段階に来ている(例えば2013年11月に紹介した技術。http://aasj.jp/news/navigator/navi-news/737)。ただ臨床応用の観点から言うと、デバイスを使う方法は安全性が高いが、デバイスの認可に長い時間とコストがかかる。Alberta大学のグループは、膵島が腎臓の被膜下で生着するのに皮下組織で生着しないのは、血管新生が皮下で起こりにくいことが原因ではないかと考え、前もって血管新生を誘導した皮下組織に膵島を移植する方法を考えついた。この論文はこれが実際に可能であることを示した前臨床研究だ。まず皮下に血管新生を誘導する方法だが、様々な材料を試した後、市販の太さ5Fr(1.6mm)のナイロンカテーテルを皮下に1ヶ月留置することで実現している。ここにマウスや人の膵島を移植し、100日間経過を観察すると、腎臓被膜下移植と比べて少し遅れるが、あとは100日以上にわたって正常血糖を維持することが可能であることが示されている。移植抗原が違っている場合も、タクロリムスによる免疫抑制で十分移植膵島を維持することができること、すでに糖尿が発症していても有効な皮下組織を形成できることなど、前臨床としては十分な検討を行っている。そしてディスカッションにはヒトを用いた治験が準備中であると述べている。臨床応用は、多くの技術が並行して開発され、その全てが患者さんに届けられるときだけ可能になる。早期診断から、病気の進展の抑制、細胞移植や人工臓器、そして移植方法の開発など、1型糖尿病研究の進展を見ていると本当に力強いものを感じる。もう一度「大きな期待を抱いていただいて結構です」と伝えたい。最後になるが、来る5月30日日本IDMMネットワークは名古屋で10周年のサイエンスフォーラムを企画されている(http://japan-iddm.net/sympo_aichi_2015/)。このフォーラムでも力強い希望が聞けることは間違いない。

 


  1. 金 達也 より:

    アルバータ大学の金 達也と申します。西川先生には1度だけお会いしたことがあります。2005年に神戸で開かれた第9回組織工学・再生医学ワークショップでアルバータ大学の成績を発表させて頂いた時にお世話になりました。今回、私どもに論文を紹介くださりありがとうございます。カナダでは膵島移植はごく普通の日常医療となっていますが、まだまだ改善の余地があり、さまざまな新しい取り組みを行っています。今後ともよろしくお願いします。

    1. nishikawa より:

      読んでいただいてありがとうございます。患者さんにも励みになります。

  2. 鈴木可奈 より:

    先日はありがとうございました。
    コストを気にしなければ5年・・・。
    夢みたいなお話しですが実現したら、本当に嬉しいです!
    1日も早くその時がくる事を願うばかりです。

  3. 鈴木可奈 より:

    連投すいません。
    毎日子供の血糖値を気にしながらの生活、本当に大変で正直疲れます・・・。

    この病さえなければと悔しく思いますし、いっその事、娘と死んでしまおうかと思った事も何度もあります。
    どうか1型の人達が血糖値を気にする事なく生活できる日が早くきますように・・・。
    研究者の皆様、お願いします。

    1. nishikawa より:

      残念ながら、我が国の研究者から鈴木さんの希望に応える研究が出てくるように思えません。しかし、世界に目を移せば多くの研究が進んでいます。切り札が出ればすぐ紹介します。何度も言いますが、日本IDMMネットワークにも声をかけてみてください。

      1. 鈴木可奈 より:

        IDDMネットワークの相談員の方に電話して話を聞いていただいた事はあります。患者会にも入っているのですが、今は無理だと分かっていても、治したい気持ちが強すぎて・・・。
        海外で完治する方法が見つかった場合、日本ではその治療は受けられないのでしょうか?

        1. nishikawa より:

          そのような情報も含めて紹介するようにします。

          1. 鈴木可奈 より:

            ありがとうございます。

          2. nishikawa より:

            今私にできることは論文を紹介することだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*