AASJホームページ > 新着情報 > 論文ウォッチ > 1月8日:自由意志とリベットの実験(12月14日号米国アカデミー紀要掲載論文)

1月8日:自由意志とリベットの実験(12月14日号米国アカデミー紀要掲載論文)

2016年1月8日
2004年の京都賞。思想・芸術部門はドイツのユルゲン・ハーバーマスが受賞した。京都賞では授賞式に合せて講演会やワークショップが行われる。このワークショップにハーバーマスから生命科学者も参加させて欲しいという要望があったらしく、選考委員長だった三島憲一さんから参加を依頼された。学生時代読んだ「イデオロギーとしての技術と科学」には感銘を受けていたので握手できるだけでも十分とお承けした。この本が印象深かったので、最初科学技術についてのテーマかなと思っていたが、後にハーバーマスが選んだタイトルが「自由と決定論—自由意思は幻想か?」で、その中でリベットの実験についても議論したいということで科学者の参加を希望したことがわかった。だとすると、脳科学者の出番で、自分の出る幕ではないと思ったが、もう後の祭り。「イデオロギーとしての生命科学」というタイトルでなんとか話をしたが、冷や汗をかいた。しかし、「自分の意思で行動しようと決心する前から脳の中では準備が始まっている」とするリベットの実験が、哲学の人にもこれほど真剣に捉えられていることは新鮮な驚きだった。今日紹介するドイツシャリテ医大からの論文はやはりリベットの実験を下敷きにした研究で、ドイツでこのテーマが重視されていることがわかる。タイトルは「The point of no return in vetoing self-initiated movements (自由意志で始めた行動を中断できる分岐点)」だ。
リベットの実験は、客観的記録として脳電位を測定する間に、被験者に手をあげさせ、手を動かそうと思いついた時にボタンを押してもらい、主観的行動の開始時点を決めるというプロトコルで行われる。行動を起こす決心をしてボタンを押した0.3秒前から脳で準備電位が記録できるという結果から、自由意志より先に脳が動くと大騒ぎになった。その後も、この実験自体は追試されてきたようで、実験自体は正しいと考えられている。
  この研究では自分の意思に先行しておこる準備電位が発生すると、もう行動まで後戻りできないのか、あるいは準備電位が発生した後も自分の意志でその行動を止められるかという実験を行っている。実験では、開始のシグナルの後、2−3秒待ってから好きな時にボタンを押してもらう。この時脳波を記録すると、ボタンを押すより0.5秒前から準備電位を記録することができる。次に、この時赤のランプを見るとボタンを押すのをやめるよう訓練する。そして、この赤のランプを、準備電位の記録とシンクロさせて点灯させるようにして、準備電位が始まって彼でもボタンを押す行動を止められるか調べている。準備電位を記録するということは、行動が決断されたことを示しており、もし準備電位が行動を完全に決めるなら赤ランプを見ても行動は止められないはずだ。一方、準備電位とシンクロした赤ランプを見てボタンを押すのを止めることができれば、準備電位は行動を完全に決めてはいないと結論できる。詳細は全て省くが、結果は準備電位が記録されてすぐに赤ランプが点灯すれば行動を止めることができるようだ。
  リベットの実験と同じで、様々な解釈ができる結果で、最初の実験から30年以上たった今もドイツでは喧々諤々議論されているのかもしれない。ただ、主観と客観の2元論の克服が21世紀の課題の一つだとすると、この実験系も捨てたものではない。

  1. 橋爪良信 より:

    リベットの実験被験者に、年齢的比較(社会化された度合い)を加えてみることに興味が湧きました。ハーバーマスの唱える自由意見の表明には実体的な道徳原理や超越的ドグマが排除されたものでなければならないからです。人間は社会集団に属することによって社会規範、道徳原理を身に付けていくため、ハーバーマスの理想的な意見表明がどこまで実現可能なものか、、、「自分の意思に先行しておこる準備電位の発生」は、人間が後天的に受ける社会化の度合いに関連付けられるかもしれません。

    1. nishikawa より:

      ハーバーマスは私が学生の頃の方が先鋭的だった気がします。脳波計が安く買える時代になったので、橋爪さんも実験できるのではと思いますが。

  2. 橋爪良信 より:

    学際的になってしましますが、「思わず口をついて出てしまった」「喉まで出かかった言葉をのんだ」、、などが定量できそうで面白いです。脳研のどなたかが、研究されてそうですが。

  3. eig35153 より:

    .       *** 自由意志を幻想とする唯物論は完全な誤り ***

    リベットの実験によって人間の自由意志は幻想だの錯覚などと言う唯物論者の論理破綻は、
    次の点に見て取れる。
    “ モニターの指点がそこに来た時に、その意志が生じたかを被験者に後で教えてもらって “

    実験は時間解像度の高い脳活動計測や筋電活動計測によって計られるが、人間の自由意志開始も
    同様の計測によって測定可能という、単純な神経系の励起である筋電位と複雑な脳活動である
    精神の始発とが、唯物論者ならではの物質的同一視座から考えられている。

    被験者による精神の始発の証言と、計測器による脳活動開始がなぜ同等として語られるのか。
    理由として実に簡単なことだが、一定時間内の被験者の任意の瞬間に指を曲げる、という課題
    について、指が曲がり始める際の筋収縮や筋伸張を刺激する神経系は特定されており、
    複雑ではない。

    しかし人間の “ 任意の行使 “ では、 “ 実験環境内の雰囲気 “ すら排除できない。
    そのような機械計測に掛からない要素を含めて、” 自由意志 “ は開始されるだろう。
    すなわちそれは “ 指曲げ “ に係わる過去の記憶あるいは今現在の身体姿勢や実験環境の変化
    など、諸々の情報が “ 加算総和 “ されて計測電位がピークになれば、それが脳前頭活動の
    準備電位となるのかも知れない。

    しかし、白熱した議論での即答応酬などのように、相手の論点を理解しその応答として言明を
    組み立てて即答で発話する場合や、ピンポンのような俊敏さを必要とするスポーツでの瞬時の
    判断など、リベットの実験からはこのことを全く説明できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*