論文ウォッチ
AASJホームページ > 論文ウォッチ

 最初このコーナーでは日本の科学報道を検証する目的で、新聞記事に掲載された論文を紹介しながら、論文の内容と報道記事を比べてきました。1年にわたってこの作業を続けた結果は悲しいものでした。もちろん素晴らしい報道もありますが、一般的には日本の科学報道は、科学報道より社会記事、三面記事とあまり変わらないことがわかりました。

 特に、元の論文を検証しないでプレス発表に頼って報道する、あるいはそのまま転載することが普通で、現場百回であるべきジャーナリズムのレベルにも達していないことを思い知りました。そこに昨年の小保方事件です。今度は科学者も一緒になって、「私は絶対正しい」の大合唱です。
 私自身ですが、今回の事件では、立場を問わずほとんどの関係者から様々な相談を受けました。おそらく、かなり特異的な立場にいたと思っています。普通人は、このような立場にいる人間を黒幕と呼びます。しかし、それは黒幕からのアドバイスが受け入れられてのことで、今回の事件では相談されたものの、黒幕にはなれませんでした。ただ、この特異な立場で1年暮らすことで多くのことを感じました。この経験を、小保方問題に限らず、日本の科学報道を見るという視点からまとめるつもりです。

 こんなわけで、もう科学報道をウォッチすることはやめました。代わりに、このコーナーは、できるだけ1日1報、最新の専門論文を紹介する「論文ウォッチ」に衣替えします。
 ここで紹介する論文は、分野は問わないつもりですが、私が理解できるという制限があるので、どうしても医学・生命科学に偏ると思います。また、科学的にも面白い論文を紹介したいので、内容について、専門的、中間(専門、一般両方)、そして一般に分類して紹介します。
 専門的内容は、学生さんを対象に書いていますが、一般の方も少し背伸びして読んでいただきたいと思っています。出来る限り多くの方に読んでいただければと願っています。

論文ウォッチ検索



新着情報

2021.6.13

現役を退いて8年になるが、生命科学分野の進歩や技術革新はいちじるしく、ウカウカすると新しいことが全く理解できなくなってしまうのではと恐怖を感じる。いよいよその時...

2021.6.12

例えば腫瘍の臨床診断の最後は病理診断で、最近では様々なバイオマーカーを用いて診断も行われる。しかし考えてみると、末梢血のバイオマーカーを用いた診断と比べ、腫瘍と...

2021.6.11

新型コロナ重症化リスクの最大の要因は老化で、昨日までの死者の数を見ると、まずほとんどが60歳以上で、60歳以下の死者は全体の5%に満たない。厚労省のデータだが、...

2021.6.10

最近のスマートウォッチでは心電図から酸素飽和度まで測定可能になっているが、もしこのレベルの異常が見つかれば、即、医師の診察室へ直行する必要がある。どの程度の数の...

>>記事一覧へ