AASJホームページ > 新着情報 > 論文ウォッチ > 4月24日 ウイリアムズ症候群に関する画期的研究(Nature Neuroscienceオンライン版掲載論文)

4月24日 ウイリアムズ症候群に関する画期的研究(Nature Neuroscienceオンライン版掲載論文)

2019年4月24日

ウイリアムズ症候群(WS)は、言語と脳が話題になる時必ず言及される病気だ。というのも、知能の発達の遅れにも関わらず、言葉を話す能力が極めて高い不思議な特徴を持つからだ。これと並行して、「天使のように愛くるしい」と形容される人懐っこさ、そして初めて人でも不安を持つことなく近づく社交性を同時に持っていることから、言語能力が社会性と強く相関していることを示す一つの例になっている。

病気の原因は7番染色体の一部が大きく欠損するため、片方の染色体で26種類の遺伝子が欠損するため、実際には様々な身体の発達障害を示す複雑な疾患だ。最近、同じ領域の小さな欠損を持つWSが発見され、GRF2I転写因子の欠損が特徴的な顔貌と精神発達障害に関わることが明らかになった。

今日紹介するマサチューセッツ工科大学からの論文はマウス神経細胞のGtf2i遺伝子を欠損させたモデルマウスがWSのモデルとして利用でき、さらに発達障害の治療も可能であることを示した画期的な研究でNature Neuroscienceオンライン版に掲載された。タイトルは「Neuronal deletion of Gtf2i, associated with Williams syndrome, causes behavioral and myelin alterations rescuable by a remyelinating drug (ウイリアムズ症候群に関わるGtf2iの神経細胞特異的ノックアウトは再ミエリン化薬剤で治療可能な行動とミエリンの変化の原因)」だ。

この研究では前頭葉の興奮ニューロン特異的にGtf2i遺伝子をノックアウトしたマウス(cKOs)を作成し、WSと比べながら調べ、以下のような結果を得ている。

  • WSでは大脳皮質の縮小が見られるが、同じような皮質の現象が見られる。
  • WSは高い社交性と、不安の欠如が見られるが、cKOsの行動解析でも、同じように、他のマウスに対する高い社交性と不安行動の低下が見られる。
  • cKOsの遺伝子発現を調べると、なんと低下する遺伝子の7割がミエリン合成に関わる分子で、実際脳のミエリンの厚さが低下して、神経伝達速度が低下していることがわかった。そこで、WSの脳の遺伝子発現とミエリンを調べると、cKOsと似たミエリン厚の低下と、ミエリン関連遺伝子の発現低下が見られた。
  • カリウムチャンネルをブロックして神経伝達機能を高めるアミノピリディンを投与すると、運動機能が正常化し、さらに社会性が高いという変化も正常化する。
  • オリゴデンドロサイトの文化を誘導しミエリン形成を高めることが知られており、現在はアレルギー症状改善に用いられるクレマスチンを投与すると、ミエリンの厚みが増し、社会性も元に戻る。
  • Gtf2iを片方の染色体のみ欠損させた、よりWSに近いモデルマウスでもWSと同じような症状とミエリン形成異常が起こる。

以上の結果から、WSの精神発達障害のかなりの部分はGft2i遺伝子の欠損で説明でき、しかも薬剤による治療可能性があることを示した画期的研究だと思う。臨床試験がうまく進むことを期待したい。


  1. 山岸徹 より:

    これは素晴らしい論文。
    まさしく西川先生が仰るとおり自閉症の真反対であるが故に自閉症のカギを握る。
    先生は既にご存知と思うが、マインドブラインドネス、バロンコーエンの心の理論を尊重するなら、
    我々自閉症者も別の意味で犬と同じ。
    なかなかそれをハッキリ言う研究者はいない。
    しかしながら、犬も社会性を持つ不思議について、
    ウイリアムズ症候群と繋げたと言うことは、
    自閉症にも将来的に繋がると言う事。
    これぞ科学。素晴らしい。
    丁度その部分について、ブログにアップしていたので興味のある方は読んで下さい。
    https://mindblindness2.blog.so-net.ne.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*