AASJホームページ > 新着情報 > 活動記録 > パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方

パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方

2018年3月12日
1月11日、このHPでレーザーポインターを組み込んだ靴が、パーキンソン病患者さんの立ちすくみを取り除くというNeurologyの論文を紹介した。ただ、この靴は我が国ではまだ手に入らない。ところが、この記事にヒントを得たパーキンソン病患者さんの一人、神戸の中井さんが、色々実験を繰り返して、簡単なレーザーポインターで同じ効果があることを、身をもって実験されました。その効果をビデオに撮り、Youtubeにアップしたので、ぜひご覧ください。サイトは https://www.youtube.com/watch?v=WbG0vW1d1g0 ご覧になれます。

  1. 岡崎牧子 より:

    私はパーキンソン症候群の進行性格上性麻痺と診断されて7年目にはいりました。去年からすくみ足がひどくなり転倒も増え膝のプロテクターを付けて生活をしています。歩行の補助に「レーザーポインター」が良いのではと看護婦さんに聞きこのページにたどりつきメールをしました。首からか腰に付けるタイプもしくはハンデイタイプの商品が有れば紹介してください。

    1. nishikawa より:

      岡崎さん。返事が遅くなりました。靴や杖にポインターが仕込んである製品はあったのですが、一度事務所を手伝ってもらっているパーキンソン病の患者さんに聞いてみます。彼が全ての検証をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*