AASJホームページ > 新着情報 > 論文ウォッチ > 6月5日 死海文書の由来を探る(6月11日号 Cell 掲載論文)

6月5日 死海文書の由来を探る(6月11日号 Cell 掲載論文)

2020年6月5日

イスラエルを訪問した時、死海文書が展示されている博物館も訪問したが、建物のイメージは鮮明に残っているのに、死海文書のイメージはほとんど残っていない。たしかに、ちょうどキリスト教が始まる時代の旧約聖書テキストの発見は20世紀最大の発見とされているが、我々アジア人にはなかなか実感がない。ただ、現役を退いて自由に様々なことを知るうち、ギリシャ イオニアの哲学とほとんど同時期に誕生した一神教のルーツ、ユダヤ教の成立過程や、そこから派生したキリスト教との関係などは、人間に普遍的な精神的特徴を理解するためには重要なイベントであることが理解できる。その意味で、もう一度死海文書を見に行きたいなと今は思っている。

今日紹介するイスラエル・テルアビブ大学からの論文は、この死海文書の断片のDNAからテキストが書かれた場所や状況を推定し、文書学を助けようとする試みで6月11日号のCellに掲載される。タイトルは「Illuminating Genetic Mysteries of the Dead Sea Scrolls (死海文書の遺伝的ミステリーを明らかにする)」だ。

旧約聖書は、天地創造からユダヤ人の歴史、預言者の言葉からさらには恋の歌まで多種多様なテキストが含まれている。古事記、日本書紀から万葉集が一体となったようなテキストなので、誰が書いたのか、いつ集大成されたのかなど、解決すべき問題は多く、その意味で最も古いテキスト死海文書の重要性は計り知れない。

この研究のポイントは死海文書の多くが羊皮紙に書かれているので、そこに残る家畜のDNAを解析すれば、羊皮紙が由来した動物の種類や、生息場所を特定することができ、これにより死海文書断片の関係性を推定できると着想した点だ。ただ、言うは易く行うは難しで、骨の中で守られているDNAの解析とは話が違う。使われた方法を見ると、DNA配列決定から情報処理技術まで多くの方法を独自で開発した大変な研究だとわかる。

その結果、今回解析した39種類の断片は、牛、羊、山羊由来の羊皮紙が使われていることがまずわかった。なかでも、同じエレミア書が書かれた羊皮紙の一部が、牛の皮でできている点で、発見されたクムランを含む死海では牛を飼うことはほとんどなかったことを考えると、アフリカなどから持ち込まれた可能性が強く示唆される。使われている文字からも、この可能性は指摘されており、今後統合的な研究からエレミア書がどう書かれたのかについても研究が進む。

多くの羊皮紙は羊が使われているが、ミトコンドリアの解析から、この地域の羊の遺伝子型と対応させることができ、それぞれの羊皮紙がどこで作られたのかを推定することができる。また、ゲノム遺伝子断片を対応させることで、解析した各断片の関係から、産地などを特定することができる。事実、死海文書の中に旧約聖書とは関係のない断片が存在することも今回確認できている。

さらに、ユダヤ文化の多様性についても羊皮紙の由来を探ることで解析することができ、その例として天使の歌と呼ばれるグノーシス派とも関係付けられる文書が、クムランだけでなく、マサダで書かれた文書にも存在することが確認され、天使の歌が当時広く知られていたことも明らかになった。

よく読んでみると科学が手伝えるのはほんの一部ではあるが、ゲノム科学のさらなる可能性を示す面白い論文だと思う。


  1. okazaki yoshihisa より:

    1.今回解析した39種類の断片は、牛、羊、山羊由来の羊皮紙が使われていた。
    2.エレミア書が書かれた羊皮紙の一部が、牛の皮でできている点で、アフリカなどから持ち込まれた可能性を強く示唆する。
    Imp:
    旧約聖書で思い出す下り。
    「出エジプト記」3章14節の日訳+英訳。

    モーゼは神にこう尋ねた
    「Who are you?」
    すると神は答えた
    「I am who I am」

    「I am who I am」日本語訳=「私は有って有る者」 名訳だと思っているのですが。。
    (デジタル哲学的には、「私は、1だ」でしょうか?)
    旧約聖書の原典は存在するのでしょうか?
    死海文書は、旧約聖書の“進化”を知る上でも興味深いです。

  2. okazaki yoshihisa より:

    聖書原典:聖書記者によって書かれた聖書の親筆書を指して使われる語である。親筆書は現在地上に存在しない。

    今の聖書は正当派?
    死海文書に、血眼になる理由が理解できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*