AASJホームページ > 新着情報 > 活動記録 > パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方

パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方

2018年3月12日
1月11日、このHPでレーザーポインターを組み込んだ靴が、パーキンソン病患者さんの立ちすくみを取り除くというNeurologyの論文を紹介した。ただ、この靴は我が国ではまだ手に入らない。ところが、この記事にヒントを得たパーキンソン病患者さんの一人、神戸の中井さんが、色々実験を繰り返して、簡単なレーザーポインターで同じ効果があることを、身をもって実験されました。その効果をビデオに撮り、Youtubeにアップしたので、ぜひご覧ください。サイトは https://www.youtube.com/watch?v=WbG0vW1d1g0 ご覧になれます。

  1. 石山雅士 より:

    呉式太極拳の川字歩法が (鑑泉社呉式太極拳)パーキンソン病の歩みに効果的です。鑑泉社のものでないといけないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*