What's New

2019.09.23 論文ウォッチ 一般 9月23日 グリオーマはニューロンの活性を利用して増殖する(9月18日 Nature オンライン出版) 腫瘍の増殖は周りの細胞の環境が文化や増殖に大きな影響を及ぼすことがわかっており、...続きを読む
2019.09.22 生命科学をわかりやすく 聞こえが悪いのに補聴器を使わないと認知症リスクが上がる (2019.9.22:米国老年学会誌掲載論文) 私自身は40代から特に右耳の難聴があり、65歳の引退を機に補聴器を購入して使って...続きを読む
2019.09.22 論文ウォッチ 一般 9月22日 デニソーワ人の骨格を推察する(9月19日号 Cell 掲載論文) これまでなんども紹介しているように、デニソーワ人ゲノムは解析されているが、残って...続きを読む
2019.09.21 論文ウォッチ 一般・専門 9月21日 K-rasを標的にするガン治療が騒がしい (9月18日号 Science Translational Medicine 掲載論文) 米国ガン治療学会や世界肺癌学会で報告されたアムジェン社のK-ras G12C変異...続きを読む
2019.09.20 生命科学をわかりやすく ゴリラの水遊び (2019.9.20 Primate オンライン版掲載論文) 実は先週、ウガンダに旅行し野生のゴリラやチンパンジーを求めて、KibaleやBi...続きを読む
2019.09.20 論文ウォッチ 一般 9月20日 ガンに対する分子標的薬も的を外す(9月11日 Science Translational Medicine 掲載論文) ガンの根治の話になると、今は免疫療法が真っ先に挙がってくるが、ガンの増殖に必要な...続きを読む
2019.09.19 論文ウォッチ 一般・専門 9月19日 細菌叢研究の新しい展開(Nature Medicineオンライン掲載論文) 16SリボゾームRNAの配列を指標にして、その場所に存在する細菌の種類と割合を解...続きを読む
2019.09.18 論文ウォッチ 一般 9月18日 試験管内で形成した脳オルガノイドは自発的に活動する(10月3日号 Cell Stem Cell 掲載論文) 亡くなった笹井さんがES細胞などの多能性幹細胞から神経細胞の誘導に取り組んだのは...続きを読む
2019.09.17 論文ウォッチ 一般 9月17日 E-cadherinと乳がん転移(Nature オンライン版掲載論文) カドヘリンは言わずと知れた、CDBの設立と発展のため京大を離れて共に苦労していた...続きを読む
2019.09.16 論文ウォッチ 一般 9月16日 妊娠中のビタミC不足と生殖細胞発生(Natureオンライン掲載論文) 胎児の発生は妊娠中のさまざまなストレスにより大きく影響される。これは放射線のよう...続きを読む
2019.09.23 論文ウォッチ 一般9月23日 グリオーマはニューロンの活性を利用して増殖する(9月18日 Nature オンライン出版) 腫瘍の増殖は周りの細胞の環境が文化や増殖に大きな影響を及ぼすことがわかっており、...続きを読む
2019.09.22 論文ウォッチ 一般9月22日 デニソーワ人の骨格を推察する(9月19日号 Cell 掲載論文) これまでなんども紹介しているように、デニソーワ人ゲノムは解析されているが、残って...続きを読む
2019.09.21 論文ウォッチ 一般・専門9月21日 K-rasを標的にするガン治療が騒がしい (9月18日号 Science Translational Medicine 掲載論文) 米国ガン治療学会や世界肺癌学会で報告されたアムジェン社のK-ras G12C変異...続きを読む
2019.09.20 論文ウォッチ 一般9月20日 ガンに対する分子標的薬も的を外す(9月11日 Science Translational Medicine 掲載論文) ガンの根治の話になると、今は免疫療法が真っ先に挙がってくるが、ガンの増殖に必要な...続きを読む
2019.09.19 論文ウォッチ 一般・専門9月19日 細菌叢研究の新しい展開(Nature Medicineオンライン掲載論文) 16SリボゾームRNAの配列を指標にして、その場所に存在する細菌の種類と割合を解...続きを読む
2019.09.18 論文ウォッチ 一般9月18日 試験管内で形成した脳オルガノイドは自発的に活動する(10月3日号 Cell Stem Cell 掲載論文) 亡くなった笹井さんがES細胞などの多能性幹細胞から神経細胞の誘導に取り組んだのは...続きを読む
2019.09.17 論文ウォッチ 一般9月17日 E-cadherinと乳がん転移(Nature オンライン版掲載論文) カドヘリンは言わずと知れた、CDBの設立と発展のため京大を離れて共に苦労していた...続きを読む
2019.09.16 論文ウォッチ 一般9月16日 妊娠中のビタミC不足と生殖細胞発生(Natureオンライン掲載論文) 胎児の発生は妊娠中のさまざまなストレスにより大きく影響される。これは放射線のよう...続きを読む
2019.09.15 論文ウォッチ 一般・専門9月15日 LECT2はTie1への結合を通して血管形成を調節する(9月5日号 Cell 掲載論文) 1990年ぐらいから様々な血管形成に関わる因子が明らかにされ、またノックアウトマ...続きを読む
2019.09.14 論文ウォッチ 一般9月14日 ゲノムが描く民族形成過程(9月6日号 Science 掲載論文) ホモ・サピエンスは、ほぼ10万年かけて先住民のネアンデルタール人やデニソーワ人と...続きを読む
2019.09.01生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス 形而上学 :プラトンからの決別と4因説(生命科学の根本問題) (生命科学の目で読む哲学書 第7回) アリストテレスの最後は「形而上学」(岩波書店 出隆訳)を選んだ。この著作はひとつ...続きを読む
2019.08.08生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス「霊魂論」:本当は「生命とは何か」(生命科学の目で読む哲学書 6回)  今日紹介したいのは、アリストテレスの「霊魂論」(「心とは何か」)で、前回紹介した...続きを読む
2019.07.11生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス 「動物誌」「動物発生論」:アリストテレスの生命への関心の源を探る(生命科学の目で見る哲学書 第5回) 前回述べたが、バートランド・ラッセルは「西洋哲学史」の中で、 「プラトンがもたら...続きを読む
2019.06.23生命科学の目で読む哲学書 プラトン「テアイテトス」(生命科学の目で読む哲学書 第4回) 図1 プラトン著「テアイテトス」は光文社と岩波書店から出版されている。この機会に...続きを読む
2019.05.23生命科学の目で読む哲学書 イオニアでの哲学誕生と、柄谷行人著 「哲学の起源」(生命科学の目で読む哲学書 第3回 「生命科学の目で見る哲学書」では様々な著作を取り上げるつもりだが、あくまでも生命...続きを読む
2019.04.30生命科学の目で読む哲学書 普遍宗教の誕生 フロイト著 「モーセと一神教」(生命科学の目で読む哲学書 第2回) これから連載する「生命科学の目で読む哲学書」は、哲学を学ぶことが目的ではない。4...続きを読む
2019.04.10生命科学の目で読む哲学書 「生命科学の目で読む哲学書」第1回 はじめに 6年前にあらゆる公職から身を引いた。この決断に対して、仕事を続けるべきだとか、途...続きを読む
2019.04.05生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 CDBの職を辞した後、生命科学の過去、現在、未来を考えてきた過程を、一種のノート...続きを読む
2019.05.27活動記録 2018年度(平成30年度)決算報告書(貸借対照表・財産目録・活動計算書・注記 以下に2018年度AASJ決算報告書を公開します。以下をクリックしてください。...続きを読む
2019.01.01活動記録 新年のご挨拶 みなさまあけましておめでとうございます。 70歳を過ぎたのを機に浮き世のしがらみ...続きを読む
2018.12.25活動記録 「第1回ニーマン・ピック病(NPD)勉強会inひょうご」 開催日時:平成30年12月16日(日)14:00~17:00 場所:起業プラザひ...続きを読む
2018.05.25活動記録 2017年度(平成29年度)決算報告書(貸借対照表・財産目録・活動計算書・注記) 以下に、2017年度AASJ決算報告書を公開します。クリックして閲覧ください。 ...続きを読む
2018.03.12活動記録 パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方 1月11日、このHPでレーザーポインターを組み込んだ靴が、パーキンソン病患者さん...続きを読む
2016.09.23活動記録 10月2日14時よりAASJチャンネル:日本フンボルト協会関西支部との共同企画「ドイツへの新しい眼差し」を始めます。    日本フンボルト協会は、フンボルト財団奨学生としてドイツで過ごしたことのある...続きを読む
2016.06.17活動記録 Tさんから図書券をいただきました。 ちょっとした相談にのったお礼としてTさんから図書券をいただきました。 早速、高額...続きを読む
2015.11.09活動記録 岸田さんのがんノートに参加しました 理事の西川伸一、西川里美が昨日、岸田さんのがんノートに参加しました。参加者の皆さ...続きを読む
2015.10.24活動記録 「これからの研究公正を考える」シンポジウム (平成27年10月24日) 京都大学本部国際科学イノベーション棟シンポジウムホールで、同大学院文学研究科 応...続きを読む
2014.08.05活動記録 笹井さんの死 ヨーロッパ旅行中に笹井さんの自死を電話で知った。今回の問題についての様々な意見を...続きを読む
新着情報一覧はこちら
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


Service