What's New

2020.04.10 論文ウォッチ 一般 4月10日 新型コロナウイルスに対する血清療法:北里柴三郎推薦の治療法 (米国アカデミー紀要オンライン掲載論文他) 医療を行う際の科学的根拠には、メカニズムははっきりしないが経験的に効果があると思...続きを読む
2020.04.09 論文ウォッチ 一般 4月9日 ケトンダイエットは喘息に効果があるか?(4月14日号 Immunity 掲載論文) 喘息は抗原により誘導されるアレルギー反応だが、病理的には極めて複雑な炎症反応で、...続きを読む
2020.04.08 論文ウォッチ 一般 4月8日 抗寄生虫薬イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果がある理由( Antiviral Research オンライン掲載論文) オーストラリア・モナーシュ大学から発表された我が国の大村さんが開発した抗寄生虫薬...続きを読む
2020.04.07 論文ウォッチ 専門 4月7日 記憶のエングラム細胞(4月16日号 Cell 掲載論文) 記憶が神経細胞分化と言ったのはエリック・カンデルだが、マウスを用いて長期に続く記...続きを読む
2020.04.06 論文ウォッチ 専門 4月6日 腸管上皮細胞と間質ニッチ(4月1日 Nature オンライン掲載論文) 現在、慶應大学の佐藤さんの決定的な研究によって、腸管上皮幹細胞システムは外部の細...続きを読む
2020.04.05 論文ウォッチ 一般・専門 4月5日 新しい現実的な膵臓ガン治療のプロトコル(4月16日 Cell 掲載論文) 現在我が国ですい臓ガンに対して行われている化学療法はジェムシタビンが中心だが、D...続きを読む
2020.04.04 論文ウォッチ 一般 4月4日 200万年前の南アフリカは人類の避難場所だった(4月3日号 Science 掲載論文) 南アフリカは人類学を塗り替えるアウストラピテクス・アフリカヌスが発見された土地で...続きを読む
2020.04.03 論文ウォッチ 一般・専門 4月3日 Tauの伝搬を防いでアルツハイマー病を治療する(4月1日 Nature オンライン掲載論文) アルツハイマー病(AD)の症状とリン酸化Tauの脳内での蓄積が強く相関することは...続きを読む
2020.04.02 生命科学をわかりやすく 下水中のウイルス量からコロナ感染の広がりを推察する。 今日の朝刊で日本経済新聞は、我が国の新型コロナ感染検査をもっと増やせと、立場を明...続きを読む
2020.04.10 論文ウォッチ 一般4月10日 新型コロナウイルスに対する血清療法:北里柴三郎推薦の治療法 (米国アカデミー紀要オンライン掲載論文他) 医療を行う際の科学的根拠には、メカニズムははっきりしないが経験的に効果があると思...続きを読む
2020.04.09 論文ウォッチ 一般4月9日 ケトンダイエットは喘息に効果があるか?(4月14日号 Immunity 掲載論文) 喘息は抗原により誘導されるアレルギー反応だが、病理的には極めて複雑な炎症反応で、...続きを読む
2020.04.08 論文ウォッチ 一般4月8日 抗寄生虫薬イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果がある理由( Antiviral Research オンライン掲載論文) オーストラリア・モナーシュ大学から発表された我が国の大村さんが開発した抗寄生虫薬...続きを読む
2020.04.07 論文ウォッチ 専門4月7日 記憶のエングラム細胞(4月16日号 Cell 掲載論文) 記憶が神経細胞分化と言ったのはエリック・カンデルだが、マウスを用いて長期に続く記...続きを読む
2020.04.06 論文ウォッチ 専門4月6日 腸管上皮細胞と間質ニッチ(4月1日 Nature オンライン掲載論文) 現在、慶應大学の佐藤さんの決定的な研究によって、腸管上皮幹細胞システムは外部の細...続きを読む
2020.04.05 論文ウォッチ 一般・専門4月5日 新しい現実的な膵臓ガン治療のプロトコル(4月16日 Cell 掲載論文) 現在我が国ですい臓ガンに対して行われている化学療法はジェムシタビンが中心だが、D...続きを読む
2020.04.04 論文ウォッチ 一般4月4日 200万年前の南アフリカは人類の避難場所だった(4月3日号 Science 掲載論文) 南アフリカは人類学を塗り替えるアウストラピテクス・アフリカヌスが発見された土地で...続きを読む
2020.04.03 論文ウォッチ 一般・専門4月3日 Tauの伝搬を防いでアルツハイマー病を治療する(4月1日 Nature オンライン掲載論文) アルツハイマー病(AD)の症状とリン酸化Tauの脳内での蓄積が強く相関することは...続きを読む
2020.04.02 論文ウォッチ 一般4月2日 食事の腸内細菌叢への影響を調べる難しさ(3月23日号 Nature Medicine 掲載論文) 我々の身体の代謝に腸内細菌叢が重要な役割を持つことについては、誰も疑う人はいない...続きを読む
2020.04.01 論文ウォッチ 一般4月1日 幹細胞のゲノム不安定と腸炎:コロナも少し考えてみた(3月25日 Nature 掲載論文) 潰瘍性大腸炎やクローン病は炎症性腸疾患(IBD)と総称されており、自己免疫、慢性...続きを読む
2020.03.02生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で見る哲学書 目次 はじめに普遍宗教の誕生:フロイト著「モーセと一神教」イオニアでの哲学誕生:柄谷行...続きを読む
2020.03.02生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス以降、中世最高の哲学者オッカム:近代哲学の萌芽(生命科学の目で読む哲学書 第12回) スコラ哲学の最後にオッカムを読んでみようと決めていた。読むのは今回が初めてだが、...続きを読む
2020.01.31生命科学の目で読む哲学書 アウグスチヌス「創世記注釈」を読む:キリスト教の世俗性(生命科学の目で見る哲学書 第11回) ヒトES細胞樹立の是非を議論する総合科学技術会議専門委員会のメンバーだった頃、両...続きを読む
2020.01.05生命科学の目で読む哲学書 ヨーロッパ二元論のルーツ:マグヌスとアクィナス(生命科学の目で見る哲学書 第10回) 「中世哲学なんてしんどいな」と気乗りがしない気持ちを奮い立たせて、アルベルトゥス...続きを読む
2019.11.14生命科学の目で読む哲学書 中世哲学を学ぶ(生命科学の目で読む哲学書 第9回) アリストテレスを読もうと、ネットでどんな本が手に入るか探していた時、岩波書店から...続きを読む
2019.10.15生命科学の目で読む哲学書 ローマ:世俗化・大衆化の時代:プリニウス、キケロ、そしてキリスト教 (生命科学の眼で読む哲学書 第8回) 「生命科学の目で読む哲学書」を企画した時、ローマ時代とリスト教中世はすっ飛ばして...続きを読む
2019.09.01生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス 形而上学 :プラトンからの決別と4因説(生命科学の根本問題) (生命科学の目で読む哲学書 第7回) アリストテレスの最後は「形而上学」(岩波書店 出隆訳)を選んだ。この著作はひとつ...続きを読む
2019.08.08生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス「霊魂論」:本当は「生命とは何か」(生命科学の目で読む哲学書 6回)  今日紹介したいのは、アリストテレスの「霊魂論」(「心とは何か」)で、前回紹介した...続きを読む
2019.07.11生命科学の目で読む哲学書 アリストテレス 「動物誌」「動物発生論」:アリストテレスの生命への関心の源を探る(生命科学の目で見る哲学書 第5回) 前回述べたが、バートランド・ラッセルは「西洋哲学史」の中で、 「プラトンがもたら...続きを読む
2019.06.23生命科学の目で読む哲学書 プラトン「テアイテトス」(生命科学の目で読む哲学書 第4回) 図1 プラトン著「テアイテトス」は光文社と岩波書店から出版されている。この機会に...続きを読む
2020.01.18活動記録 ホームページのSSL暗号化に伴うお知らせ。 AASJのホームページは、お陰様で毎日多くの方々が訪問されるサイトになってきまし...続きを読む
2020.01.01活動記録 新年のご挨拶 (西川伸一) 昨年はCDB退職以来お世話になったJT生命誌研究館の顧問を辞め、また相次いで二人...続きを読む
2019.05.27活動記録 2018年度(平成30年度)決算報告書(貸借対照表・財産目録・活動計算書・注記 以下に2018年度AASJ決算報告書を公開します。以下をクリックしてください。...続きを読む
2019.01.01活動記録 新年のご挨拶 みなさまあけましておめでとうございます。 70歳を過ぎたのを機に浮き世のしがらみ...続きを読む
2018.12.25活動記録 「第1回ニーマン・ピック病(NPD)勉強会inひょうご」 開催日時:平成30年12月16日(日)14:00~17:00 場所:起業プラザひ...続きを読む
2018.05.25活動記録 2017年度(平成29年度)決算報告書(貸借対照表・財産目録・活動計算書・注記) 以下に、2017年度AASJ決算報告書を公開します。クリックして閲覧ください。 ...続きを読む
2018.03.12活動記録 パーキンソン病の患者さんの歩行を容易にするレーザーポインターの使い方 1月11日、このHPでレーザーポインターを組み込んだ靴が、パーキンソン病患者さん...続きを読む
2016.09.23活動記録 10月2日14時よりAASJチャンネル:日本フンボルト協会関西支部との共同企画「ドイツへの新しい眼差し」を始めます。    日本フンボルト協会は、フンボルト財団奨学生としてドイツで過ごしたことのある...続きを読む
2016.06.17活動記録 Tさんから図書券をいただきました。 ちょっとした相談にのったお礼としてTさんから図書券をいただきました。 早速、高額...続きを読む
2015.11.09活動記録 岸田さんのがんノートに参加しました 理事の西川伸一、西川里美が昨日、岸田さんのがんノートに参加しました。参加者の皆さ...続きを読む
新着情報一覧はこちら
2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  


Service