What's New

2024.04.12 論文ウォッチ 一般 4月12日 転移ガン組織中に潜む細菌叢を暴き出す。(4月25日 Cell 掲載論文) 近代医学が始まって以来、細菌が発ガンを促すという考えは根強く存在していたが、研究...続きを読む
2024.04.11 論文ウォッチ 一般・専門 4月11日 予想外に長寿命の RNA が存在する(4月5日号 Science 掲載論文) 脳の神経細胞は増殖後静止期に入ると、ゲノム DNA の代謝は修復時に起こる置換だ...続きを読む
2024.04.10 論文ウォッチ 一般 4月10日 毛生え薬が腎臓の嚢胞形成を抑える(1月4日号 Cell Stem Cell 掲載論文) 多発性嚢胞腎は遺伝的な変異で腎臓に嚢胞が形成され、経過とともに腎不全に陥る疾患で...続きを読む
2024.04.08 論文ウォッチ 一般 4月8日 大規模情報病理学 2,大規模言語モデルによる病理診断(3月号 Nature Medicine 掲載論文) 大規模情報病理学の進展を見ると、すでにデータが膨大すぎて人間が見て診断するのでは...続きを読む
2024.04.06 論文ウォッチ 一般・専門 4月6日 統合的腸内細菌叢研究(4月11日号 Cell 掲載論文) 専門誌はともかく、Nature などの一般紙に掲載される細菌叢研究の数は減ってい...続きを読む
2024.04.05 論文ウォッチ 一般 4月5日 神経発生時の1型インターフェロンの機能(4月11日号 Cell 掲載論文) 1型インターフェロン(IFN1)は感染防御の第一線で、このシグナル経路に関わる様...続きを読む
2024.04.04 論文ウォッチ 一般 4月4日 痛みを感じる神経の興奮は傷の修復も調節する(3月27日 Nature オンライン掲載論文) 感覚神経は外界からの刺激に対する最初の防御機構だが、神経系的反応が起こった後、様...続きを読む
2024.04.03 論文ウォッチ 一般 4月3日 IgA腎症は腸内細菌叢により誘導されるのか?(3月27日号 Science Translational Medicine 掲載論文) IgA 腎症は腎炎の中でも最も頻度の高く、しかも3−4割の人が腎不全におちいる恐...続きを読む
2024.04.12 論文ウォッチ 一般4月12日 転移ガン組織中に潜む細菌叢を暴き出す。(4月25日 Cell 掲載論文) 近代医学が始まって以来、細菌が発ガンを促すという考えは根強く存在していたが、研究...続きを読む
2024.04.11 論文ウォッチ 一般・専門4月11日 予想外に長寿命の RNA が存在する(4月5日号 Science 掲載論文) 脳の神経細胞は増殖後静止期に入ると、ゲノム DNA の代謝は修復時に起こる置換だ...続きを読む
2024.04.10 論文ウォッチ 一般4月10日 毛生え薬が腎臓の嚢胞形成を抑える(1月4日号 Cell Stem Cell 掲載論文) 多発性嚢胞腎は遺伝的な変異で腎臓に嚢胞が形成され、経過とともに腎不全に陥る疾患で...続きを読む
2024.04.08 論文ウォッチ 一般4月8日 大規模情報病理学 2,大規模言語モデルによる病理診断(3月号 Nature Medicine 掲載論文) 大規模情報病理学の進展を見ると、すでにデータが膨大すぎて人間が見て診断するのでは...続きを読む
2024.04.06 論文ウォッチ 一般・専門4月6日 統合的腸内細菌叢研究(4月11日号 Cell 掲載論文) 専門誌はともかく、Nature などの一般紙に掲載される細菌叢研究の数は減ってい...続きを読む
2024.04.05 論文ウォッチ 一般4月5日 神経発生時の1型インターフェロンの機能(4月11日号 Cell 掲載論文) 1型インターフェロン(IFN1)は感染防御の第一線で、このシグナル経路に関わる様...続きを読む
2024.04.04 論文ウォッチ 一般4月4日 痛みを感じる神経の興奮は傷の修復も調節する(3月27日 Nature オンライン掲載論文) 感覚神経は外界からの刺激に対する最初の防御機構だが、神経系的反応が起こった後、様...続きを読む
2024.04.03 論文ウォッチ 一般4月3日 IgA腎症は腸内細菌叢により誘導されるのか?(3月27日号 Science Translational Medicine 掲載論文) IgA 腎症は腎炎の中でも最も頻度の高く、しかも3−4割の人が腎不全におちいる恐...続きを読む
2023.09.18生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 23 カントの生物観―ジェニファー・メンシュ著「Kant’s Organicism」の紹介。 1年間カントの著作を読んできたが、そろそろカントについて書く気になってきた。とい...続きを読む
2023.05.20生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書22回:番外編 ChatGPTと実験哲学あるいは合成哲学の可能性 デヴィッド・ヒュームについて書いて以来、ずっとカントの著作と格闘している。これま...続きを読む
2023.01.04生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 21回 :現代生命科学に最も近づいた哲学 生命科学の目で読む哲学書、第20回は、デビッド・ヒュームだ。個人的感傷だが、つい...続きを読む
2022.08.22生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 20回 バークリー:世界を仮想現実と言い切った反科学哲学 イギリス経験論の哲学者として、教科書的には、イングランドのジョン・ロック、アイル...続きを読む
2022.07.16生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 19回 ジョン・ロック:脳科学の始まりと言えるかもしれない 17世紀を代表する大陸合理主義哲学を終え、今回から、ロック、バークリー、そしてヒ...続きを読む
2022.04.02生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で見る哲学書 目次 はじめに普遍宗教の誕生:フロイト著「モーセと一神教」イオニアでの哲学誕生:柄谷行...続きを読む
2022.04.01生命科学の目で読む哲学書 17世紀近代哲学誕生はガリレオに負うところが大きい( 生命科学の目で読む哲学書 18回 ) 17世紀を振り返る最後に、ガリレオ・ガリレイに登場いただこう。生命科学の目で読む...続きを読む
2022.01.25生命科学の目で読む哲学書 なぜスピノザだけが「エチカ=倫理」を書けたか?(生命科学の目で読む哲学書第17回) なかなか生命科学の目からスピノザを位置づけられたという気になれず、延ばし延ばしに...続きを読む
2021.08.24生命科学の目で読む哲学書 17世紀近代科学誕生に関わった人たち: ライプニッツのモナド論を現代的視点から読み直す (生命科学の目で読む哲学書 16回) 今回は、この歳まで何回かチャレンジして、結局理解できいないまま放置していたライプ...続きを読む
2021.03.09生命科学の目で読む哲学書 近代科学誕生の17世紀 デカルト (生命科学の目で読む哲学書15回) 長い中断の後、ようやく近代科学誕生の17世紀に取り掛かかった 生命科学の目で読む...続きを読む
2023.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。AASJも今年で節目の10周年を迎えます。...続きを読む
2022.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。 今年も元旦からAASJは発信を続けること...続きを読む
2021.05.20活動記録 梅北2期、参加型ヘルスケアの活動として収録したビデオを公開します。 梅北二期開発事業の中で、阪急阪神不動産の呼びかけに応じて、「参加型ヘルスケア」プ...続きを読む
2021.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。 昨年は、高々30Kbのウイルスに全人類の...続きを読む
2020.12.17活動記録 うめきた2期町づくり「参加型ヘルスケア」始動 2028年完成予定で、JR大阪駅北側の再開発が始動しましたが、私たちAASJは町...続きを読む
2020.08.17活動記録 令和2年度 施設長研修会  西川伸一先生講演「コロナ現象を俯瞰する」抄録  We...続きを読む
2020.01.18活動記録 ホームページのSSL暗号化に伴うお知らせ。 AASJのホームページは、お陰様で毎日多くの方々が訪問されるサイトになってきまし...続きを読む
新着情報一覧はこちら
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  


Service