What's New

2024.06.16 論文ウォッチ 一般 6月16日 父親の経験を子孫に伝えるエピジェネティックメカニズム(6月5日 Nature オンライン掲載論文) 肥満の父親から生まれた子供が肥満になるというエピジェネティックなメカニズムは多く...続きを読む
2024.06.15 論文ウォッチ 一般 6月15日 気になる副作用三題(6月12日号 Science Translational Medicine 掲載論文他) 今日は最近読んだ副作用に関する論文3題を紹介する。 まず最初は eClinica...続きを読む
2024.06.14 論文ウォッチ 一般 6月14日 残留磁気を用いた短い間隔の時間計測を考古学に応用する(6月5日 Nature オンライン掲載論文) 考古学での時代計測には科学の粋が集められているように感じる。最も有名なのは有機物...続きを読む
2024.06.13 論文ウォッチ 一般 6月13日 iPS 細胞由来間質ストローマ細胞を用いた GvH 治療(5月22日 Nature Medicine オンライン掲載論文) 他個体からの輸血や骨髄移植は安全に行えるようになっているが、移植する細胞の中に機...続きを読む
2024.06.12 論文ウォッチ 一般 6月12日 年齢とともに増加するクローナル造血は歯周病を悪化させる(6月4日 Cell オンライン掲載論文) 老化を図る生物学的な指標の一つに幹細胞システムのクローン増殖が挙げられる。研究し...続きを読む
2024.06.11 論文ウォッチ 一般 6月11日 抗菌ペプチドを機械学習で探索する(6月5日 Cell オンライン掲載論文) 相変わらず細菌叢の研究は盛んだが、細菌叢の多様性や種類と身体の状態を相関させる現...続きを読む
2024.06.10 論文ウォッチ 専門 6月10日 RAS変異による変化を徹底的に見直す(6月7日号 Science 掲載論文) Ras変異は半分以上のガンで見られ、ガン治療標的の一丁目一番地といえる。ただ、変...続きを読む
2024.06.08 論文ウォッチ 一般 6月8日 老化により誘導される血小板の新しい分化経路(6月6日号 Cell 掲載論文) 老化に伴って大本の血液幹細胞の数や機能が低下することが知られているが、にもかかわ...続きを読む
2024.06.07 論文ウォッチ 専門 6月7日 Diapause(休眠)の進化(5月28日 Cell オンライン掲載論文) 冬眠は広く知られているが、Diapause(休眠)についてはあまり知られていない...続きを読む
2024.06.16 論文ウォッチ 一般6月16日 父親の経験を子孫に伝えるエピジェネティックメカニズム(6月5日 Nature オンライン掲載論文) 肥満の父親から生まれた子供が肥満になるというエピジェネティックなメカニズムは多く...続きを読む
2024.06.15 論文ウォッチ 一般6月15日 気になる副作用三題(6月12日号 Science Translational Medicine 掲載論文他) 今日は最近読んだ副作用に関する論文3題を紹介する。 まず最初は eClinica...続きを読む
2024.06.14 論文ウォッチ 一般6月14日 残留磁気を用いた短い間隔の時間計測を考古学に応用する(6月5日 Nature オンライン掲載論文) 考古学での時代計測には科学の粋が集められているように感じる。最も有名なのは有機物...続きを読む
2024.06.13 論文ウォッチ 一般6月13日 iPS 細胞由来間質ストローマ細胞を用いた GvH 治療(5月22日 Nature Medicine オンライン掲載論文) 他個体からの輸血や骨髄移植は安全に行えるようになっているが、移植する細胞の中に機...続きを読む
2024.06.12 論文ウォッチ 一般6月12日 年齢とともに増加するクローナル造血は歯周病を悪化させる(6月4日 Cell オンライン掲載論文) 老化を図る生物学的な指標の一つに幹細胞システムのクローン増殖が挙げられる。研究し...続きを読む
2024.06.11 論文ウォッチ 一般6月11日 抗菌ペプチドを機械学習で探索する(6月5日 Cell オンライン掲載論文) 相変わらず細菌叢の研究は盛んだが、細菌叢の多様性や種類と身体の状態を相関させる現...続きを読む
2024.06.10 論文ウォッチ 専門6月10日 RAS変異による変化を徹底的に見直す(6月7日号 Science 掲載論文) Ras変異は半分以上のガンで見られ、ガン治療標的の一丁目一番地といえる。ただ、変...続きを読む
2024.06.08 論文ウォッチ 一般6月8日 老化により誘導される血小板の新しい分化経路(6月6日号 Cell 掲載論文) 老化に伴って大本の血液幹細胞の数や機能が低下することが知られているが、にもかかわ...続きを読む
2024.06.07 論文ウォッチ 専門6月7日 Diapause(休眠)の進化(5月28日 Cell オンライン掲載論文) 冬眠は広く知られているが、Diapause(休眠)についてはあまり知られていない...続きを読む
2023.09.18生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 23 カントの生物観―ジェニファー・メンシュ著「Kant’s Organicism」の紹介。 1年間カントの著作を読んできたが、そろそろカントについて書く気になってきた。とい...続きを読む
2023.05.20生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書22回:番外編 ChatGPTと実験哲学あるいは合成哲学の可能性 デヴィッド・ヒュームについて書いて以来、ずっとカントの著作と格闘している。これま...続きを読む
2023.01.04生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 21回 :現代生命科学に最も近づいた哲学 生命科学の目で読む哲学書、第20回は、デビッド・ヒュームだ。個人的感傷だが、つい...続きを読む
2022.08.22生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 20回 バークリー:世界を仮想現実と言い切った反科学哲学 イギリス経験論の哲学者として、教科書的には、イングランドのジョン・ロック、アイル...続きを読む
2022.07.16生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で読む哲学書 19回 ジョン・ロック:脳科学の始まりと言えるかもしれない 17世紀を代表する大陸合理主義哲学を終え、今回から、ロック、バークリー、そしてヒ...続きを読む
2022.04.02生命科学の目で読む哲学書 生命科学の目で見る哲学書 目次 はじめに普遍宗教の誕生:フロイト著「モーセと一神教」イオニアでの哲学誕生:柄谷行...続きを読む
2022.04.01生命科学の目で読む哲学書 17世紀近代哲学誕生はガリレオに負うところが大きい( 生命科学の目で読む哲学書 18回 ) 17世紀を振り返る最後に、ガリレオ・ガリレイに登場いただこう。生命科学の目で読む...続きを読む
2022.01.25生命科学の目で読む哲学書 なぜスピノザだけが「エチカ=倫理」を書けたか?(生命科学の目で読む哲学書第17回) なかなか生命科学の目からスピノザを位置づけられたという気になれず、延ばし延ばしに...続きを読む
2021.08.24生命科学の目で読む哲学書 17世紀近代科学誕生に関わった人たち: ライプニッツのモナド論を現代的視点から読み直す (生命科学の目で読む哲学書 16回) 今回は、この歳まで何回かチャレンジして、結局理解できいないまま放置していたライプ...続きを読む
2021.03.09生命科学の目で読む哲学書 近代科学誕生の17世紀 デカルト (生命科学の目で読む哲学書15回) 長い中断の後、ようやく近代科学誕生の17世紀に取り掛かかった 生命科学の目で読む...続きを読む
2023.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。AASJも今年で節目の10周年を迎えます。...続きを読む
2022.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。 今年も元旦からAASJは発信を続けること...続きを読む
2021.05.20活動記録 梅北2期、参加型ヘルスケアの活動として収録したビデオを公開します。 梅北二期開発事業の中で、阪急阪神不動産の呼びかけに応じて、「参加型ヘルスケア」プ...続きを読む
2021.01.01活動記録 新年のご挨拶 皆様、明けましておめでとうございます。 昨年は、高々30Kbのウイルスに全人類の...続きを読む
2020.12.17活動記録 うめきた2期町づくり「参加型ヘルスケア」始動 2028年完成予定で、JR大阪駅北側の再開発が始動しましたが、私たちAASJは町...続きを読む
2020.08.17活動記録 令和2年度 施設長研修会  西川伸一先生講演「コロナ現象を俯瞰する」抄録  We...続きを読む
2020.01.18活動記録 ホームページのSSL暗号化に伴うお知らせ。 AASJのホームページは、お陰様で毎日多くの方々が訪問されるサイトになってきまし...続きを読む
新着情報一覧はこちら
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


Service